涼風家の電子書籍

  • ブクログ

Amazon link

editor community

楽天

ブログセンター

カラメル

あし@

星空

« 電子書籍■連作ショートショート 人魚 02 川面の人魚 | トップページ | 電子書籍■連作ショートショート 人魚 04 公園の人魚 »

電子書籍■連作ショートショート 人魚 03 人工の人魚

連作ショートショート 人魚 03 人工の人魚

・内容紹介
「人魚」をテーマにしたショートショート作品の連作のひとつです。
※本文より
「よかったら、モデルになってもらえないかな」
 そう言われたのは、その人と会ってから15分もしなかったのではないかと思います。
 そこはお気に入りの喫茶店で、全体的に板張りの温かい雰囲気があり、その上、店の奥の壁が一面ガラス窓になっていて都心とは思えない落ち着いた感じの緑豊かな中庭が眺められるのが気に入っていて、月に数回、ひとりでぼうっとしたいときなどにコーヒーを飲みに来ているんです。
 その日も窓際のテーブル席に着き、ぼんやりと中庭を眺めながらコーヒーを飲んでいると、向かいのテーブルで本を読んでいた男性とふと目が合いました。
 その人は40代くらいの男性で、ラフな服装もしていたので、最初からサラリーマンなど会社勤めをしているようには見えませんでした。そして、軽く会釈をしたあと、わたしの座っているテーブルに近寄ってくると唐突にモデルになってくれと言い、ちょっと話をしてもいいだろうかと確認して、テーブルを挟んでイスに腰掛けたんです。
 普段ならこの店にいるときに他人と関わることは望まないのですが、このときはなぜかその男性の話を聞いてみてもいいと思いました。モデルに、という言葉になにか期待するようなものがあったのかもしれません。
「モデルというと、写真か何かですか」
「いや、彫刻なんですけどね。いま取り組んでいるテーマに、あなたはピッタリなんです」
 わたしの目をじっと見つめてその人はそう言い、その真剣なまなざしに、わたしもつい答えてしまっていたんです。
「わたしでよければ…」

03kindle

« 電子書籍■連作ショートショート 人魚 02 川面の人魚 | トップページ | 電子書籍■連作ショートショート 人魚 04 公園の人魚 »

涼風家の電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍■連作ショートショート 人魚 03 人工の人魚:

« 電子書籍■連作ショートショート 人魚 02 川面の人魚 | トップページ | 電子書籍■連作ショートショート 人魚 04 公園の人魚 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ